スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  Posted by スポンサードリンク
- : - : -

PRESERVED PHOTO Calendar 4月のご紹介

PRESERVED PHOTO Calendar 4月担当
JPFA理事校P3パキッシュ主宰 田島裕子先生の世界観をご紹介します。


『今年のカレンダーでは4月を担当させていただき、とてもうれしく思っております。それは北海道に住む私にとって「4月・春」は雪解けの季節。時おり吹く温かく優しい風や芽吹く匂いを感じながら遅い春の到来をまだかまだか…と、そして、アトリエの窓から観える北海道知事公館の庭園の桜の開花を待つ、そのわくわく感がとても楽しみな季節でもあるのです。そして私の大好きな「ピンクカラー」がテーマでしたので、とても楽しくデザインをさせていただきました。

作品は「春を待ちわび、一斉に咲きみだれる色とりどりの花たち。柔らかな日差しを浴びながら風に舞い散り、道をピンク色に染める桜の花びらたち…。」そんな景色を舞台に、キラキラ輝くさまざまな“女性の春“をエターナル(円型)な形のベースにのせてコーディネートしてみました。

まずは、センターでは今まさに2014年に花開く充実した「キャリア」をテーマに!
その右下にあるドーム型は、小さなお花達を集めて可愛らしい「ガール」をテーマに!
後ろセンターには円熟で上品な「マダム」をテーマに!右中段のグラスは…ちょっと背伸びをした20〜30歳代おしゃれが大好きな「レディー」って感じかしら?(笑)

皆さんの春は、どのテーマにあてはまりますか?私はまだマダムではない?ですし…かといって、もうレディーでもない(笑)…では、「キャリア」ということで!
今年も皆さんに楽しんでいただけるご提案をたくさん発信させていただきたく思っております。

早速ですが、2014年春夏スペシャルレッスン「リボンナージュアレンジメント」のデザインを監修させていただきました。リボンテクニックが楽しいレッスンですので、ぜひこの機会にご受講ください。詳細はJPFA事務局までお問い合わせくださいませ。

私は今でも、プリザーブドフラワーと初めて出会った時のあの感動を忘れることなく、恋心を持ちつづけ、素材を大切に心掛けながらデザインをしています。

“生花の儚さ”。
そぉっと触れないと散ってしまうのではないかと思うほどのデリケートな花びらの美しさと、瑞々しく輝く表情をプリザーブドフラワーに託した、私の世界観を感じ取っていただけますと、とても嬉しく思います。』
 

13:44  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

桂由美ブライダルハウス本店ディスプレイを終えて



昨年4月に引き続き、今年も2月27日(木)JPFAのスタッフとして「桂由美ブライダルハウス」のディスプレイ搬入を行わせていただきました。
世界的にご活躍されている桂由美様のブライダルハウスのディスプレイを行わせていただくことは、とても刺激的なお仕事で今年も楽しく制作させていただきました。
ディスプレイをするに当たり、企画段階からユミカツラ・インターナショナル デザイナー藤原様とお打ち合わせをさせていただきました。パリコレ等で多忙の中、藤原様には貴重なお時間をいただきましたことを厚くお礼申しあげます。

「Evening Dress」をテーマに、鮮やかなピンク系を中心としたお色のお花をたっぷり入れた大人の女性をイメージしたエレガントでゴージャス感のあるデザインに決まりました。
ディスプレイは本店の4面あるウィンドウの飾られるドレスの脇に対にアレンジを制作するもので、合計8つのアレンジを制作いたします。
たっぷりのお花の上にハートを添えたアクリルボックスのギフトをイメージしたボックスを配置して幸せな気分を演出しております。
エレガントなお色で統一感を出したたっぷりのお花は目を引き、キラキラ輝きを放つ春を迎えるにふさわしいディスプレイになったと思っております。
企画打ち合わせでは、藤原様のプロフェッショナルなお色使いの感性とエメラルドウエーブをリボンとして使ったテクニックは素晴らしいもので大変勉強になりました。
この貴重な経験を今後の講師指導に活かしていきたいと考えております。



ディスプレイに当たり、ご協賛いただいておりますリボンワールド様からのイタリアンサテンの素敵なおリボンが作品のクオリティを高めております。
また、テーマの「EveningDress」にぴったりなフロールエバーのフューシャピンク、ニューヨークピンク、マゼンダパープル、ベイビーピンク、ホットピンクのローズの素敵なお色がリボンのお色との組み合わせは、春爛漫の高揚する季節の気持ちを表現しております。
このディスプレイは、2月27日から4月3日まで店頭を飾らせていただきます。
お近くにお越しの際には、ご覧いただけましたら嬉しいです。

この度、このような機会を下さいましたJPFA様、ユミカツラ・インターナショナル藤原様、ご提供くださいましたフロールエバー様、リボンワールド様、資材手配から搬入当日まで心強くサポートして下さいましたJPFA今村先生に深く感謝申し上げます。

    JPFA認定教室 DRESS UP NEW YORK主宰 伊藤暁美

13:33  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

PRESERVED PHOTO Calendar 3月のご紹介

PRESERVED PHOTO Calendar3月担当JPFA認定校ヴィオリーネ主宰 植田章子先生の世界観をご紹介いたします。



 

『私が経営しているショップ&スクール「ヴィオリーネ」の名称 その意味は ドイツ語でヴァイオリンのことです。
創立当初からのモットーが「五感に響くデザイン」であり 私自身がヴァイオリニストも兼ねていることから
[音楽=音を楽しむ=人生を楽しむ] という等号で結ばれるライフスタイルを送りつつあり その象徴として
今回のプリザーブドフラワー・デザインを手がけてみました。
背景に楽譜やト音記号のオブジェを配置し
バイオリンかビオラかチェロかコントラバスかは不明ですが 弦楽器モチーフのワイヤーケースの内部と外部には
奏でた音が空気中を舞うようなイメージで ビタミンカラーのローズや副素材をアレンジし
ステージにも太陽にも見える大輪ローズをグラスベースに背高く配置しました。なぜ太陽のようであるかというと
3月は徐々に日差しが暖かくなり 春を迎える一歩手前のもどかしさを感じつつ
人々も自然も一歩ずつ前進していくような季節、その光景を見守るのが太陽だと思えるからです。
リボンはピアノの鍵盤をほうふつとさせるようなデザイン柄のものを使用しました。
春の足音は軽やかな音楽のように無意識に3月に降り注ぐ、そのような3月のイメージと個人的日常とを織り交ぜた
「三寒四温」ならぬ「三感四音」なプリザーブドフラワー・デザインとさせていただきました。』

12:34  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

PRESERVED PHOTO Calendar 2月のご紹介

PRESERVED PHOTO Calendar2月は担当アペルティオー・フローリス主宰 川瀬珠美理事の世界観をご紹介いたします。


 
 
『私は、カレンダー全体のコーディネートもさせて頂いておりますので、
まずは、毎年のテーマ、新色も含めて12か月の色の配分、
制作デザイナーのイメージに合わせて担当色、何月掲載かを決定しています。

今年も、JPFAのカレンダー制作に対し、フロールエバーのアスク様から、
5つの新色を使用してのデザインを依頼されました。
発売前の新色を手に取りデザインするのは、
色が良くわかるようにデザインする使命もあり、あれこれ考える所です。
新色の到着が少し遅れるので、新色担当は理事や認定校にお任せする事が多く、
私の担当は、デュエットロースのピーチと決定。
新色が到着した時は、バイカラーのピーチという名前でしたので、
カレンダーの最終ページのインデックスには、
デュエットではなく、バイカラーと記載されています。
 

今回のカレンダー全体のテーマは、「私の世界観」。
自分の好きな世界やお気に入りの世界を表現することでした。
白っぽくまとめようと2月を担当月にしただけで、
どんなスタイリング、デザインにしようかと考えていました。
丁度その頃、パリへお花の研修に出かけましたので、
パリで何か合わせるいい小物はないか探す機会が持てました。
このローズは、ホワイトとピーチのグラーデーションローズなので、
色を引き立てるためその他の花材はホワイトと決めました。

今回は、私の好きな冬、雪を連想する真っ白な世界ですが、
クラデーションのピーチに合わせ、冷たく感じないよう、
少しほわっと暖かさも感じられるような冬のイメージにまとめ、
スタイリングは、久しぶりに行ったパリで見つけた小物でまとめアンニュイな世界を表現しました。

器にぐるっと巻いたのは、パリのマレ地区の手芸屋さんで見つけたフェザーガーランドリボン。
毛足が長い羽が気にいり、カレンダーに使用しようと即決し購入。
見にくいですが、羽の根元のリボン部分にスワロフスキーを貼り、
ワンポイントにホロホロ鳥の羽をあしらいました。
そして、隣に置いたパールがいっぱいついた卵型のオーナメントは、
パッサージュのアンティークショップで、
テーブルに置いた蝶はマレ地区のボタン屋さんで、
フォトフレームにあしらった番(つがい)になった鳩はランジス市場で購入した物を使用しました。
そんな冬のイメージを感じて頂けたら幸いです。』























 



 



 



 


 

13:15  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

福岡岩田屋『2014年新春のお花』出店を終えて

『2014年新春のお花』というテーマで2014年1月8日〜14日の期間出店しました。 日本プリザーブドフラワー協会プレシャスプリザーブドの福岡岩田屋売り場です。 なんと、350個以上のお花が並びました。 それぞれ、JPFAの技術をしっかり生かしてのお花作り。 春らしいカラフルなお花が並びました。 お客様から、こんなにたくさんの種類のアレンジを見るのは初めてです!と 言っていただきました。 お客様が何を求めていらっしゃるのか、生のお声を聞くことができる、 貴重な体験の場となりました。 今後のデザインにも生かしていき、みなさんに愛される作品をたくさん作っていきたいと 思います。 たくさんの笑顔に出会えた1週間でした。 認定校リッシュロゼ 有吉ひとみ

13:03  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

桂由美ブライダルハウス本店ディスプレイを終えて

昨年に引き続き、今年も日本プリザーブドフラワー協会(JPFA)メンバーとして東京の乃木坂、
カツラユミ・ブライダルハウスさまのウィンドウディスプレイを担当させていただきました。
お知らせが遅くなってしまいましたが、11月中旬より、すでにディスプレイが始まっています。

今年のデザインは、ずばり、「扇型」。
昨年同様、年末だけでなく、来年年始も、少しお色直しして飾っていただくため
クリスマスにも、お正月にも映えるデザインとなっています。


このシーズンはやっぱり「赤」!
ユミカツラ・インターナショナル、アクセサリーデザイナーの藤原さまから
ディレクションをいただきながらの制作、今年はローズ以外の花も使って、
とのご希望でしたので
プリザーブドローズやアジサイ、カスミソウなどの他に、
アーティフィシャルのダリアやラン、赤い実ものなども使いました。

扇の骨組の部分には、ゴールドカラーのアーティフィシャル素材である
稲、笹、その他、ドライのストレチアリーフ等折り込み、
その際、「扇に見えるように」、それぞれさまざまな形状、動きのある素材でしたが
きっちりそろえて組み上げる部分が難しく、でも同時に大変楽しかったです。



いつものことながら、ため息が出るほど美しいドレスの数々。。
こんなに素敵なドレスのそばに飾っていただけることを改めて光栄に思います。
それにしても、この日のディスプレイのために、藤原さまと打ち合わせさせていただくこと5回、
実際の制作にも昨年よりかなり時間と手間暇を費やしたこの作品たち。
ウィンドウ外からの写真がどうも反射してうまく撮れず、苦戦してしまいました(汗)





アクセサリーデザイナーでいらっしゃる藤原さまの教え。
「花もアクセサリーであり、ドレスの一部。ドレスのように柔らかく、エレガントに。動きを出して。」
今回は何度もお打ち合わせのお時間をいただきましたが、一度でいいから一回で、
ご希望通りのデザインをきっちりご提案できてみたいものだと
自分の力不足を顧みながら、強く思いました。
それでも最後はとびきりの笑顔で「すごくいい!」とねぎらってくださった藤原さま。
その笑顔を拝見でき、とても幸せです。


そして、後日、この赤い扇型ディスプレイの他に、
もう一か所ディスプレイを追加させていただくべく参上。




エントランスわきの、
2階へ上がるエレベーターのところに、
華やかなディスプレイ♪   ん?よく見るとお人形!?



桂由美先生の小さなお人形さんです
かわいい〜☆
お人形作家さんの力作、先生にすごく似てませんか?


この度も大変お世話になりました、
ユミカツラインターナショナル、藤原綾子さま、関係者の皆さま、
昨年に引き続き、大変貴重な機会をくださいました
日本プリザーブドフラワー協会今村先生、関係者の皆さま、
素晴らしい花材をご提供くださいましたフロールエバーさま、
美しいリボンをご提供くださいましたリボンワールドさま、
本当にありがとうございました。

今回、赤い扇のディスプレイとピンクのローズのモザイクディスプレイを
お手伝いくださった
メイフェアフラワーズ生徒のみなさま。
堀内ゆい子さん、中野早織さん、椎名裕梨子さん、湯澤悦子さん
宮崎佳代子さん、國吉理恵さん、鈴木千秋さん、小室まゆみさん
貴重な時間を割いてご協力くださり、本当にありがとうございました。
また堀内さんと中野さんには、現場でのディスプレイ作業もご同行くださいました。
寒い中、本当にありがとうございました。

JPFA認定校メイフェア・フラワーズ 村田智美











 

14:29  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

アリスミュー イオンモール盛岡店ワークショップを終えて

12月15日(日)、数日前からの大雪で心配しておりましたが

イオンモール盛岡店にあるアリスミューのショップにて

認定教室MIC DESIGN高橋美幸先生によるワークショップが開催されました。

アリスミューのお客様6名様をお迎えしてのワークショップ。

 

 

皆様、プリザーブドフラワーのアレンジを作るのは初めてとのことですが

着々と作業を進められ、素敵なアレンジメントの完成です!




「プリザーブドフラワーと聞いて、敷居を高く感じていたが、分かりやすくて楽しかった」
「簡単な作業で立派な仕上がりになった」など

皆様から嬉しいお言葉を頂きました。

今後はアリスミュー各店でワークショップを開催予定です。

詳細はアリスミューのブログでも紹介されます。
 
Aylesmueアリスミュー公式ブログ http://aylesmue.jp/blog_new15.html

12:01  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

桂由美ブライダルハウス本店 ディスプレイを終えて




9月からの桂由美ブライダルハウスのディスプレイを、JPFAスタッフとして担当させて頂きました。
ディスプレイチェンジの日までに、クリエイティブデヴィジョン藤原様と何度も打ち合わせをさせて頂いて、細かなところまでご指導頂いたおかげで自分の想像以上のとても素敵な作品となりました。
藤原様には、今までにパリコレやアジアブライダルサミット、東北の支援ブーケなどでもご指導頂き、プロの厳しさや決して妥協しない姿勢を勉強させて頂いておりました。本当にありがとうございました。






当日お手伝いをして頂きました。
チェルシーフラワーズ今村先生
アトリエプティカドー曽根原先生(長野)

ディスプレイ制作に、お忙しい中たとえ少しの時間でもと、お手伝いに来て頂いた皆様です。
アトリエコルベイユ 辻村先生 (京都)
ベルブーケ      西澤先生 (宝塚)
花京舞         中辻先生 (豊中)
M fleur        堀川先生 (尼崎)
T-wing         中川先生 (高槻)
サロンドオードリー  大谷先生 (広島)
JPFA会員       林 純子さん

制作途中使用しておりました花材が、廃番でメーカーにもないところ花材協力して頂いた全国の先生方です。
リッシュロゼ           有吉先生  (熊本)
ベイシック            本間先生  (岡崎)
HITOMIフラワースクール  大澤先生 (徳島)
サロンドオードリー       大谷先生 (広島)

協賛して頂きましたアスク様、リボンワールド様、桂由美ブライダルハウススタッフ様

皆様のおかげで、とてもいい作品、経験ができました事を心より感謝申し上げます。

                     JPFA認定校 フラワーサロン華那  平山 槙恵

12:35  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

桂由美ブライダルハウス本店ディスプレイを終えて




 
桂由美ブライダルハウス本店のディスプレイ制作を日本プリザーブドフラワー協会スタッフとして担当いたしました アトリエ プティカドー 曽根原和恵です。
 
先の、7月4日(木)搬入に行ってまいりました。
この度は、憧れの桂由美ブライダルハウス本店のディスプレイを担当させていただき大変光栄に思っております。
 
ディスプレイを制作するにあたりまして、事前に先方ご担当の(株)ユミカツラインターナショナル・クリエイティブディヴィジョン 藤原綾子様には数回打ち合わせの時間いただきました。
まず当初私が持参したアレンジ花材をもとにご相談させていただき2つのパターンを試作、そのうちの一方を採用いただきました。
アーティフィシャルリーフの鮮やかなグリーン、お花とリボンは濃いオレンジとイエロー、それに自然素材のグリーンのラタンボールを使い、明るく夏らしいトロピカルなイメージに決まりました。




今回のディスプレイではドレス両サイドの2個が対に向き合うよう、大きなアーティフィシャルリーフで流れを出したデザインになっています。。
流れを作ったリーフの中心にはローズ、カーネーション、イタリアンサテンを巻いたラタンボール、フランス製ワイヤーリボンで鮮やかにアレンジしています。
ローズは全部で70輪ほど、8個それぞれに大から小とサイズを変えて開花やメリアにして使っています。
イタリアンサテンリボンやワイヤーリボンはアレンジにアクセントや流れをつくりモダンに仕上げてくれています。
 
打ち合わせの際、特に印象に深いのは藤原様のお色使いの感性とイマジネーションの鋭さ、速さです。
また当日は持参した花材でドレスに合わせてブーケとリストレットをその場で短時間に作って飾るところを見せていただきました。
お花の開き方がとても綺麗ですね…とお褒めの言葉もいただきとても嬉しく思いました。
素敵なドレス、ブライダルテーマのプレート、それを引き立てるディスプレイアレンジやブーケ、全てが揃った店頭はブルーからオレンジイエローに一変、感動をおぼえました。
 


この度、このような貴重な機会をいただきました(株)ユミカツラインターナショナル・クリエイティブディヴィジョン藤原様、日本プリザーブドフラワー協会
に深く感謝申し上げます。
また今回、プリザーブドフラワーをご提供いただきましたフロールエバー(株)アスク様、リボンをご提供いただきましたリボンワールド様にはあらためてお礼申し上げます。美しいお花、素敵なリボンをありがとうございました。
 
 
また当日は、いつも優しく細やかに支えてくださるチェルシーフラワーズ今村先生、長野からは唐沢先生、八田様にもお手伝いいただきスムーズに無事搬入を行うことができました。あらためて感謝申し上げます。
 
今回のディスプレイ制作では平素のレッスンや販売では経験できない多くの学びをいただきました。
この貴重な経験は私の今後の活動に生かしていきたいと思っております。
 
なお、このディスプレイは7月4日から9月4日まで店頭を飾らせていただきます。
お近くに起こしの際にはご覧いただけましたら幸いです。
 
 
JPFA 認定教室 アトリエ プティカドー主宰 曽根原和恵 

11:58  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

『桂由美ブライダルハウス』ディスプレイを終えて

 

去る415日(月)JPFA(日本プリザーブドフラワー協会)のスタッフとして「桂由美ブライダルハウス」のディスプレイを行わせていただきました。世界的にご活躍されている桂由美先生のブライダルハウスのディスプレイを行わせていただいたことは、私の人生において大変意義深い1ページとなりました。
ディスプレイをするに当たり、企画段階からユミカツラ・インターナショナル・デザイナー藤原綾子様と数回打ち合わせの時間をいただきました。
私の持参したホワイトローズのペタルを使ったデザインを基に、新緑の「Green Wedding」をテーマとした爽やかな風と輝く光を感じるような透明感、空気感のあるデザインに決まりました。





ディスプレイは本店の4面あるウィンドウに飾られるドレスの脇に対にアレンジを制作するもので、合計8つのアレンジを制作してゆきます。

風と光のイメージを出すために、中段はリボンを飾ったアクリルケースのみとし、下段と上段にはペタル付のアクリルケースとローズを飾りました。

企画打ち合わせでは、ユミカツラ・インターナショナル・デザイナー藤原綾子様のプロフェッショナルなお色使いの感性とリボン使いのテクニックは素晴らしいもので大変勉強になり刺激を受けました。

また、ディスプレイで大切なメイン(今回はブライダルドレス)を引き立たせる為のアクセサリーとして、脇役としてのお花のアレンジのデザインのおこし方も大変勉強となりました。

この貴重な経験を今後の講師活動に活かしていきたいと考えております。

 

ディスプレイに当たり、ご協賛いただいております「リボンワールド」様からのイタリアサテンの素敵なリボンとイタリア製のシェルでできている可愛いバタフライが作品のクオリティを高めております。

また、テーマの「Green Wedding」にぴったりなフロールエバーのアップルグリーンのローズの素敵な色がリボンの色と絡み合い新緑の季節を表現しております。

このディスプレイは、4月15日から5月31日まで店頭を飾らせていただきます。お近くにお越しの際には、ご覧いただけましたら嬉しいです。

 

 この度、このような貴重な機会を下さいましたJPFA(日本プリザーブドフラワー協会)様、ユミカツラ・インターナショナル・藤原様、資材ご提供してくださいましたフロールエバー様、リボンワール様、資材手配から搬入当日まで心強くサポートして下さいましたJPFA今村先生に深く感謝申し上げます。


JPFA
認定教室 DRESS UP NEW YORK主宰 伊藤 暁美

13:29  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -