スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  Posted by スポンサードリンク
- : - : -

<< 『2012JPFAブライダル装花コンテスト』結果発表!! | 『2012ブライダル装花コンテスト』授賞式 >>

桂由美ブライダルハウス東京本店ディスプレイを終えて





 

桂由美ブライダルハウス東京本店のディスプレイ制作(2012425531)を担当させていただきました 熊本 ドゥスールドゥロゼ 井上邦代です。

提案デザインをパーツにして作り込み、東京での打ち合わせ。

持参したパーツの中から、テーマが絞られていき、『丸と直線』を打ち出していこうということになりました。

大きなテーマに向かい、試行錯誤の毎日が続きました。

先方のデザイナー藤原氏とやり取りをする中で、何か違うと感じていました。

「違う」と感じていたことにしっかり気づけたのは、藤原氏の丁寧なアドバイスからでした。
「丸」のイメージの捉え方が違っていました。

本当に根気強く、私にデザインのイメージを伝えていただきました。

『ディスプレイ』は、その会社のイメージやその時々にアピールしたいものを表現しなくてはなりません。

大きな責任を感じつつも、九州からだと 現場での打ち合わせが物理的に出来ないことも生まれてきます。

私は、仕事を持っているため、上京する時間調整も厳しい状況でしたが、藤原氏に、メールで写真を見ていただいてのやりとりや、お電話での対応で細かくご指導いただきました。

そのおかげで、ぼんやりしていたイメージがはっきりしたものになり、作品完成へ向けての作り込みに入りました。

熊本のJPFA会員の強力なメンバーが一丸となり、私のサポートをしてくれました。

入れ替わり立ち代わりみなさんにきていただいてとてもありがたかったです。

ディスプレイ前日の最終打ち合わせでの作り込み、当日の設営。

ちょうど上京されていたJPFA認定校、認定教室の先生方のお手伝いもいただけることになりましたときには、JPFAの絆の強さに感動し、心から感謝いたしました。

すべにおいて いろいろなことに気付きがありました。

考え方を変えることができたこと(柔軟に考えることが大事)。
手をかけるポイントの視点が違ったこと。

現場の作業は短時間で済むように考慮するなど、本当に勉強になりました。

この経験で得たことを 次に生かしていきたいと思います。

桂先生のドレスのそばにディスプレイさせていただけるすごいことです。

夢のような機会を与えていただきました。

11月に認定教室に登録させていただいたばかりの私でしたが、

東京では、認定校「フラワーサロン華那」平山先生、認定教室「ベイシック」本間先生・「Hitomi Flower School」大澤先生・「オードリー」大谷先生にお世話になりました。   

私の所属する認定校「リッシュロゼ」有吉先生は いつもですが、今回はまた特に気にかけてくださっていました。

先輩の先生方にお手伝いいただいて心強かったです。

そしてわざわざ佐賀からお手伝いにいらしてくださったJPFA会員森本さんにも感謝です。

お花でつながった輪だと感じています。

JPFAディスプレイ担当 今村先生にも大変お世話になりました。
ディスプレイ当日は中と外を出たり入ったり最後まで微調整していただき、また撤収のお手伝いにも来ていただきありがとうございました。

このような仲間「JPFAのメンバー」にめぐりあえたこと、感謝でいっぱいです。 

今回 協会からこのようなチャンスをいただくことができ、経験できましたことは大きな力となりました。

ありがとうございました。

15:51  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

スポンサーサイト

15:51  Posted by スポンサードリンク
- : - : -

COMMENTS

COMMENT FORM