スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  Posted by スポンサードリンク
- : - : -

竹田浩子先生 リビエラ青山 シーズナルレッスンのご案内





先日ご案内しました竹田 浩子先生のリビエラ青山での

シーズナルリースレッスンですが、既に多くのご予約を頂いているので、

ご希望の方はなるべくお早めにお申し込み下さい… お申し込みはこちら

また、季節感溢れる竹田先生ならでわの洗練されたリースと素敵なランチで

穏やかなひと時をご堪能下さい.
 

11:19  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

桂由美ブライダルハウス東京本店さま ディスプレイ

メイフェアフラワーズの村田さとみです。


去年、おととしに引き続き、桂由美ブライダルハウス本店様の年末年始のウィンドウディスプレイを今年も、JPFA(日本プリザーブドフラワー協会)スタッフとして担当させていただいています!


お正月は、とっても素敵な友禅のドレスと共に。。。

 




今年は、ダイヤモンド型のゴールドのオブジェを、レッドとブラックのローズと組み合わせ、お正月らしく華やかに。。




夜はライトアップされて幻想的で素敵なウィンドウです✩


そして、同じお花を使って、去年のクリスマスはこちらのデザインを。




上質なフランスリボンが上品な輝きをプラスしてくれています。




ダイヤモンド型のオブジェの向きを変えて軽やかなエレガントさが引き出されています。

桂由美さまのディスプレイを担当させていただくのは3度目ですが、いずれも年末年始の期間に携わらせていただきました。


ユミカツラ・インターナショナル、アクセサリーデザイナー 藤原綾子さまから学ばせていただくことがいつもとても大きく
ご一緒させていただくことをとても光栄に思い、感謝しております。


クリスマス、お正月どちらも飾れるデザインとは花以外の視点からみる花とはどうあるべきかプロとしてこだわるべき点はどこか逆にこだわる必要がない点はどういうところか藤原さまの一挙手一投足を食い入るように見つめる私がいます。



このような貴重な機会をくださいましたユミカツラ・インターナショナル 藤原綾子さま、日本プリザーブドフラワー協会 諸先生方、最高級のプリザーブドローズをご提供くださいますアスクさま手に取るだけで心がウキウキするようなとっても素敵なフランスリボンをご提供くださいますリボンワールドさまみなさまに心から感謝を申し上げます。

フラワーデザイナーとしてまだまだ未熟な私ですが、この経験を励みに、引き続き精進させていただきます!

こちらのディスプレイは3月上旬までご覧いただけますのでお近くにお越しの際はぜひご覧いただけましたら幸いです。


-------------------

ユミカツラ・ブライダルハウス 東京本店

107-0062 東京都港区南青山1-25-3
TEL.03-3403-7831
地下鉄千代田線・乃木坂駅(出口3 徒歩1
定休日:水曜日
営業時間:11001900


-------------------


日本プリザーブドフラワー協会
認定校
メイフェアフラワーズ
村田さとみ

 

11:00  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

PRESERVED PHOTO Calendar 1月のご紹介

今年のJPFAオリジナルカレンダーのテーマは「The gift for 12months」になります。
その季節テーマに合わせたデザインにデザイナー皆が腕を振るい、2015年を色とりどり素敵な12作品のギフトアレンジメントで華やかに飾りました。

PRESERVED PHOTO Calendar 1月の担当は、JPFA理事校P3パキッシュ主宰 田島裕子先生です。




皆さん、明けましておめでとうございます。今年2015年の1月を担当させていただきました、JPFA理事校P3パキッシュ田島裕子と申します。
新年・新春の皆さんのお部屋を彩る作品ですので、いつもより少し緊張した気持で作らせていただきました。

テーマは“12カ月のギフトアレンジメント”ですので、特に心掛けたのは…
小ぶりなサイズに作ること!と、老若男女の誰が見ても「お正月・新春らしい。おめでたい」と、思っていただける贈り物に作ること!の、2つのポイントに気を付けてみました。
ですので、大きい方でも余裕で両手の平に載るサイズ。小槌のほうは片手にちょこんと乗るほどの小さな物になりました。
縁起のいい色といえば「紅白&金銀」ですよね。
ローズの「赤」は華やかでエネルギーあふれる勢いのある色ですし、デンドロビュームの「純白」は無垢な色で新しい始まりを表わす色とのいわれがあります。
「金銀」は位が高くゴージャス。
「小槌」は打ち出の小槌と云い、願いを叶える力があります。
青竹や松の「緑」は生命を、南天の「実」は豊作を表します。

縁起の良い物をたくさん使い、願いを込めてつくらせていただきました。

新しい年が皆様にとって穏やかで実りのある良い年になりますように、心からお祈り申し上げます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

 

15:35  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

PRESERVED PHOTO Calendar 8月のご紹介

PRESERVED PHOTO Calendar8月担当は、
JPFA認定教室Hanashin主宰 甲斐辰子先生です。

私とお花の出会いは、10年前に地方公務員(保育士)退職を機に何か自分の好きなことを見つけたいと思っていた矢先に、プリザーブドフラワーを百貨店で見て、生花と変わらない美しさ「こんなに綺麗で新鮮なお花があるの…」と思い、プリザーブドフラワーに一目惚れ、それから講師資格を取得して今は主宰者として働いています。

8月のカレンダーアレンジは、なるべく季節を感じられるように、夏らしく、そして清涼感を出せるように季節感や花器にもこだわりを持ってアレンジしました。
マジョリカブルーのローズに涼しげなアジアンタムと、優しくてふんわり包んでくれるラムズイヤーのリーフを使いました。       
                              Hanashin 甲斐辰子 

14:56  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

サラベス品川店 JPFAのお花と共に明日グランドオープン!

今春、開催されたサラベス品川店装花のコンペでJPFAが選ばれ、
アーティフィシャルフラワーのレンタルを季節ごとに
デザインを変えていくことになりました。






7月11日(金)のグランドオープンを控え、
お花の設置が済んだ昨日7月8日のレセプションに
サラベス様からお招き頂き、
デザインを監修頂いた竹田浩子氏、JPFAの会員様の皆さんと
一足お先にお食事を楽しんで来ました♪



この日は、既にアートフラワーのレンタルを始められている方、
これから始めてみたいとご興味がある
JPFAの認定校、認定教室、会員の方達にお集まりいただきました。
皆さん、サラベスでのお食事が初めての方達ばかりで
喜んで頂けて良かったです。

そして、このお花を大変気に入って下さっているサラベスさんも
交えての記念撮影となりました!




オープンしてからは、3か月ごとにお花を入れ替えていきますので、
ご利用の際は、是非、ご覧くださいね!
https://www.facebook.com/sarabethsrestaurants.shinagawa?fref=ts
 



16:00  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

2014『My Precious...』コンテスト

6月25日、2014『My Precious...』コンテスト&第11回デザイナーズコンテストの最終投票が行われました。

『My Precious...』がテーマのコンテストに、たくさんの「大切な...への思い」を込めたアレンジメントが出展されました。
どれもすばらしい力作でしたが、今回は会場の都合もあって事前写真審査で10作品を選考いたしました。
本選は、理事校チェルシーフラワーズにてアレンジを展示、皆様の投票により入賞作品が決定いたしました。

『My Precious...』コンテスト1位&デザイナーズコンテスト1位
花のアトリエ ポワ・ド・サントゥール主宰 唐沢千加子先生
『My Precious...』コンテスト2位&デザイナーズコンテスト3位
アトリエプティカドー主宰 曽根原和恵先生
『My Precious...』コンテスト3位&デザイナーズコンテスト2位
Franllure主宰 橋本美帆先生


オテル・ド・ミクニに会場を移し行われたJPFAサマーパーティーのなかで結果発表、
そして表彰がございました。
入賞した3名の先生方です。おめでとうございました!
デザイナーズコンテストに入賞されると、翌年のJPFAカレンダーにアレンジを出展していただけます。
コンテストは毎年ございますので、ぜひチャレンジしてください。
このコンテスト&パーティーの写真DVDを販売しております。
ご希望の方は事務局までお問い合わせください。










 

12:48  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

PRESERVED PHOTO Calendar 7月のご紹介

PRESERVED PHOTO Calendar 7月担当
JPFA認定教室BASIC主宰 本間節子先生の世界観をご紹介いたします。



『エルニーニョ現象か猛暑の夏の訪れも早く長くなっている日本ですね。
毎日ご覧になるカレンダーで空間インテリアのひとつとして、
爽やかで、クールな日々を過ごして頂きたく
「リゾートの夏の海」
を私なりの世界観で演出してみました。

花材は、プリザーブドフラワーの中でも大好きでよく使用する
貴賓を感じ、透明感、ラグジュアリー感を備える「シンビジューム」
そして、それに加え、爽やかさ、涼しさを「ブルーのチューべローズ」で

素材は、海に纏わる、いろいろな貝殻などで。
ミルフィーユの様に重ねた土台作り、パールも加えて。

メインアレンジは、海の深さを感じさせる様に
空中に浮く高さにデザインしました。

資材は、フランスのランジスで購入した
カットが施して有るキラキラ輝くアルミワイヤーなどで、
太陽の輝きと共に波の渦を表現してみました。

むしむしする暑い夏ですが、このカレンダーの一ページで
空間インテリアとして、素敵な7月をお楽しみ頂ければ幸いと思い
デザイン、製作いたしました。』

13:35  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

PRESERVED PHOTO Calendar 6月のご紹介

PRESERVED PHOTO Calendar 6月担当
JPFA認定教室メレオハナ主宰 梅沢実枝先生の世界観をご紹介いたします。

 


『六月の花嫁をイメージして、お花のドレスをまとったお人形を制作いたしました。
そして、こちらの作品のイメージは花嫁の結婚式の直前の瞬間を表現しています。
柔らかな印象を与えるグラデーション加工の施された素晴らしいバラで、
柔らかな透明感のある世界観を作り出しました。
作品ではトルソーを使っていますので、お顔がなく花嫁の表情が分かりません。
友人やお仕事で関わらせていただく花嫁様たちと接する中で感じるのは、
結婚式の前というのは、幸せや喜び、不安、期待、感謝などたくさんの気持ちが
溢れる時間なのではないかと思います。
その気持ちは人それぞれです。
あえて、今回は顔のないトルソーを使用することで皆さんの中の「私の世界観」で
花嫁の表情を想像していただけたら幸いです。
そして、少しでも皆様に思いを膨らませていただける作品を作ることが私の「私の世界観」
と思って、これからも作品作りに励みたいと思います。』
























 

12:13  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

PRESERVED PHOTO Calendar 5月のご紹介

PRESERVED PHOTO Calendar5月担当
JPFA認定教室StudioLee主宰 新井紀江先生の世界観をご紹介いたします。


『5月といえば緑がたくさんの新緑の世界が真っ先に思い浮かぶ中、
お色の指定もグリーンでしたので、5月のテーマにぴったりでした。
リーフや青リンゴも使ってグリーンのコントラストが出るようにしました。

新色のシトラスグリーンはグラデーションになっているのですが、
優しい柔らかな印象でした。
若干ですがミントグリーンのお色が少し色あせたものなのでは?と
感じるような時もありましたので、好みが分かれるのかな、と感じました。

カレンダー制作は初めてでしたので、最初は戸惑いながらも
あれこれ試行錯誤しながら制作させていただきました。
5月、お色はグリーンでしたので比較的制作しやすかったです。
決まったものを同じように制作するのとは違って、作り出すという作業は
失敗を繰り返しながらの作業でやっと完成するものでした。
カレンダーの出来上がりを見ると、アレンジの大きさ、画像にした場合
どのように見えるかということに注意して制作しなければいけないと思いました。』

























 

 

15:03  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -

桂由美ブライダルハウス本店ディスプレイを終えて


この度、桂由美ブライダルハウス本店のディスプレイ制作2014年4月を日本プリザーブドフラワー協会スタッフとして担当いたしました。 世界的にも有名な桂由美ブライダルハウス本店でのディスプレイは、私にとってとても貴重な時間でした。
(株)ユミカツラインターナショナル クリエイティブディヴィジョン アクセサリーデザイナー藤原綾子様との数回にわたるお打ち合わせをさせていただきました。 藤原様の明確なまでのアドバイスとその溢れるほどの発想力に圧倒。取り決めの展開の速さについていくのがやっとでした。
また、フロールエバーのアスク様にパステルカラーのローズを、リボンワールド様にはパリをイメージしているリボンをご提供いただきました。 制作に必要となる資材のご協力いただき、深く感謝しながら準備を進めていきました。 

段差のある立体的な土台から、パステルカラーのローズにホワイトのバタフライを遊ばせ春らしい柔らかな色合いの花が咲いている。 そんな雰囲気の仕上がりとなりました。 ドレスにも同様のリボンをコーディネートされ藤原様の考える、花だけでなく周りの環境との一体感や置く場所の高さや、明確なまでの映えるデザインに多くの刺激をうけました。 外観からの見え方、季節、幅、何とトータルに見せるのかが必用とのお言葉を頂戴し、今後の糧にしていきたいと思いました。

このディスプレイは4月3日から5月29日までかざられています。 お近くにお越しの際には、ご覧いただけましたら嬉しいです。

この度、このような機会を下さいましたJPFA様、ユミカツラ・インターナショナルアクセサリーデザイナー藤原様、ご提供くださいましたフロールアスク様、リボンワールド様、資材手配から搬入当日まで心強くサポートしてくださいましJPFA今村先生、前回ご担当の伊藤先生に深く感謝申し上げます。    
 
                                   JPFA認定教室 HT Flowers 主宰 丸山 博子

15:02  Posted by 日本プリザーブドフラワー協会
イベント : comments(0) : -